ゼファルリンの安全性を保つために守るべきことがあります。

これをないがしろにしては、ゼファルリンの安全性が失われる恐れがあります。

rapture_20160423160532

ゼファルリンの安全性を保つために

ゼファルリンは安全性が高く信頼性もあります。

これはゼファルリンが日本国内で厳しい安全基準をクリアし【日本人の体質に合わせて】作られているから。

 

ですが、その安全性が失われる原因となるものがあります。

効果を期待してしまい、つい1日の飲用量を守らずに飲用してしまった。

 

いわゆる【過剰摂取】というやつです。

 

rapture_20160423160624

あまり気軽に考えすぎて過剰摂取すると、副作用に繋がる可能性が高まります。

そうなってしまっては、ゼファルリンの安全性は失われることになりますね。

 

安全性が高いから大丈夫だと油断しないでください。

 

正しく飲用していかないことには、ゼファルリンは安全性を発揮できません

 

以前私はサプリメントを毎日過剰摂取し、副作用で体調を崩したことがありました。

その時の副作用は【嘔吐】でしたが、もちろん他にも考えられるものがあります。

 

【発熱】【めまい】【頭痛】【動悸不全】

rapture_20160423160658

このような副作用も考えられるので、飲用量はちゃんと守りましょう。

飲用量を守っていれば

 

基本的に飲用量を守っていれば、副作用が起こる可能性というのはほとんどありません。

ゼファルリンは海外製品のように効果重視ではなく【安全性重視】だからです。

 

しかし安全性を重視し、即効性がないというのがゼファルリンの特徴。

待ちきれずついつい過剰摂取してしまう気持ちは、私だって理解できます。

 

 

rapture_20160423160727

ですが、飲んだら飲んだ分【効果が重複されるのではない】ということを覚えておいてください。

 

しかも過剰摂取となると、金銭的にもきつくなってきますよ・・・

 

基本は1箱で1ヶ月分なので、仮に3倍の量を飲用したら10日ほどしかもちません。

1ヶ月で3箱飲用となるとさすがに金銭的にもきついですし、飲みすぎです・・。

 

ゼファルリンはこのような飲み方はしないで、正しく飲用しましょう。